• TOP
  • へこみでお困りの方
  • デントリペア工具と施工方法

デントリペア工具と施工方法

ヘコミを押し出すためのデントツール

デントツールは、へこみを裏側から押し出したりひねり出したりするための鉄製もしくはステンレス製の特殊な形状をした棒状のものです。
そのデントツールの形状はあらゆる場所に出来たへこみを直すため、40種類以上そろえてあります。

デントツールはアメリカ製です。デントツールの先端の形状はいろいろです。

ヘコミを引っ張り上げるプーリングツール

現代のデントリペアはこれがないとオールマイティーにへこみを直せません。
ズバリへこみを表から引っ張り上げて直すためのツールです。

特に活躍する場面はデントツールが入らない場所、届かない場所。
或いは内装の脱着が困難なルーフなどで重宝します。

比較的大きなへこみを直す場合プーリングとデントリペアを組み合わせて施工するケースも多々あります。
施工方法はへこみを引っ張って出っ張らした状態からポンチングで元のパネルに成型します。

デントマスター使用例デントール使用例

蛍光灯は何に使う?

施工例とかでへこみに合わせるように光のラインが写っていると思いますが、 実はそんな感じで実際のリペア中もヘコミに蛍光灯の光を合わせヘコミをより見やすい状態にします。
デントリペアで蛍光灯は何に使うのか?つまりへこみに一方方向から光を中てることでその凹凸をくっきりさせているのです。
そうすることでミリ単位以下でツールをコントロールすることが出来るんですね

ところで直射日光のあたる場所では作業が困難です、なんてよく言われますが、これはへこみの影が薄くなり確認しづらくなるからです。
特に淡色系のカラーは見えにくいので、屋内など直射日光を遮る環境が必要です。

デントリペアは押し出すだけじゃありません

ポンチング・・・・へこみは当然へこんでいますが本当に凹んでいるだけでしょうか?

実はRのキツイ曲面などにへこみが出来るとその周りが膨らんでいる場合があります。
これは缶コーヒーなどを潰すと凹んだ周りが出っ張ってしまいますよね、これと同じ現象です。

ポンチングはその出っ張った部分のストレスを解放するために使用するツールです。
表から叩いて使用するため「パンパン」と大きな音が響きますが、塗装にダメージが残らない素材ですのでご心配なく。

このページのTOPへ