デントリペア施工例【ボンネット】

ボンネットに出来るヘコミの中には修復困難なケースもあるので注意が必要です。

ボンネット施工方法 困難なケースとして多いのが自転車などがぶつかってボンネットに倒れるときにブレーキレバーなどが引きずりながら出来てしまったヘコミです。
筋状にクッキリ凹んでいたりするとリペアできたとしてもその筋が消えなかったり傷そのものが残ったりします。

またボンネット前部20cm前後はツールのアクセスが悪かったり場合によってはまったくアクセスできない場合もあります。

単純なヘコミならまだ何とかなりますが複雑なヘコミは手を付けても・・・・。

それでも傷が無いヘコミであれば修復の可能性はありますので、あきらめないで。

ボンネット施工例 INDEX

※表示価格には、消費税を含んでおりません。

スバル インプレッサ

インプレッサ施工前 インプレッサ施工後

ヘコミ大きさ5㎝
施工時間1時間
施工費用20,000円(税別)
ボンネット先端のへこみです。見るからに自転車のブレーキレバーの痕のようです。 引きずったラインは残りますがヘコミが無くなれば気になりません。ツールアクセスはボンネット先端の小さな穴から運良く・・・。
BMW ミニ

ニ施工前 ミニ施工後

ヘコミ大きさ4㎝
施工時間1時間
施工費用18,000円(税別)
これはボンネットを押さえて閉めた時に出来たへこみと思われます。 ツールアクセスは決して良くないのでアクセスまでは気を抜けません。

このページのTOPへ