ペイントタッチアップ

車を使用していて避けられないのが、走行中に受けてしまう飛び石などによる塗装の欠け(チッピング)。
100%避けることはできませんし、だからと言って鈑金塗装で直すのはもったいないものです。
そこで目だたなくするための作業は同じカラーを傷部分のみに色を塗りごまかす作業がタッチアップ作業です。

本来タッチアップ作業はDIYとしてオーナー様自身が行う作業でもありますし、ごまかしきれるかどうかは腕次第?

わたし自身もそのタッチアップ作業には非常に関心があり日々トライしております。

次(下)に掲載する写真は、ディーラーでサービスして頂いたタッチアップと言うことですが、かえって目立ってしまっています。
一旦シンナーで除去してタッチアップをやり直しました。

傷部分に塗料を埋める感じでさらに凹凸を少なくすることで目立たなくさせます。

タッチアップは、塗装するまでもない小さな塗装の欠けを目立たなくする技術です。

出来るだけ費用負担が無いように、通常はボディーコーティング又はデントリペアの際に同時に施行頂くのがお勧めですが、お急ぎであれば有料にて施工させて頂いております。

作業時間は乾燥時間を入れて1パネル1時間程度です。

◎サービスご希望の方は同色のタッチペンを御持参くださいませ

ペイントタッチアップ代行作業 基本料金 ボディーコーティング・デントリペア同時施工
1パネル 5箇所程度まで(施工1時間程度) 8,000円 サービス
以降30分ごとに 4,000円追加 4,000円追加

※有料タッチアップは1ヶ所から初回8,000円頂きます。
※錆が発生している場合は塗装の欠け以上に内部に錆が進行していますのでタッチアップは適しません。
※塗装の割れにはタッチアップは適しません。
※一定以上の線傷の長いもの、塗装の欠けの大きなものはタッチアップの効果は期待できません。
※消費税別途

このページのTOPへ